So-net無料ブログ作成
検索選択

打ち出の小槌 [木彫]

打ち出の小槌とねずみ。

小槌.jpg

カワセミの前に作った打ち出の小槌です。

厚い板がなかったので貼り合せて作ってますので、

木の色とラインが。

ねずみ.jpg

大国さんとねずみのつながりは古事記にあったそうです、

大国主が因幡の白兎を助けた後の話で、

大国主は須佐之男の娘、須勢理姫との結婚の条件に

三つのしれんを須佐之男から課せられた。

一つ目は蛇の室(むろや)で一晩すごすこと。

二つ目はムカデと蜂の室ですごすこと。

三つ目は射ると音の出る鳴鏑(なりかぶら)の矢を取ってくること。

二つは須勢理姫からヒントをえて無事クリアー、

三つ目の矢。

須佐之男は草原に矢を射る、大国主がその矢を取りに行ったのを

確かめてから、大国主を囲むように草原に火をつけた。

逃げ場を失い、火の海でなすすべもなく立ち尽くしていたとき、

白ねずみが出てきて、地面下のねずみの穴を教えた、

そこへ逃げ込んで命拾いをした大国主。

白ねずみは探していた鳴鏑の矢を持ってきてくれた、。

火が収まるのを待って、穴から出た大国主は、

矢を携えて須佐之男に渡しめでたく須勢理姫と結婚した。

以降大国主は命をたすけてくれた、

白ねずみを配下に加え出雲の国を治めたそうです。

ねずみは大国様のお使いであると言われています。

 


nice!(16)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カワセミ [木彫]

カワセミ

木彫でカワセミをを作りました。

092.JPG

羽毛まで削りだす技術がないので、

アクリルペイントでごまかしてますが、その内バードカービング用の

ハッコーウイング(羽毛を削りだす電気ごて)をと思ってますが。

1.JPG

カワセミは水辺に生息する小鳥で、ブッポウソウ目カワセミ科に

分類される鳥で、鮮やかな水色の体色で、

ヒスイと呼ばれることもあるそうです。

体調は17cmほどの大きさで、くちばしが長く、頭が大きく、

首、尾、足はみじかい、くちばしは黒いですが、

メスは下のくちばしが赤いのでオスと区別ができます。

この美しい外見から「渓流の宝石」などと呼ばれます。

宝石のヒスイはこの色に由来してつけられたそうです。

漢字の「翡翠」は カワセミ、ヒスイどちらにも読めます。

採餌するときは、水辺の石や枝の上から水中に飛び込んで、

魚類や水生昆虫をくちばしで捕らえます、

ときには空中でホバリング(滞空飛行)しながら

飛び込むこともあるそうです。

 

 


nice!(21)  コメント(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

犬と少年 [木彫]

少年と犬

木彫で表札を作りました。

011.JPG

1枚板から作りましたが、またも我流で雑な作りになってしまいました。

表札はどちらの家にも有りますが、名前が有るように、

普段気にも留めてませんでした、

でも無ければどなたのお宅か解らず

そこに在るだけで重要な役割を果たしているのですね。

少年と犬で、少年が持っているのは、

ケーキではありません、花束です、

念のため。

 


nice!(25)  コメント(29) 
共通テーマ:趣味・カルチャー